2021年10月22日

徹底的な顧客目線のUXを提供したヤマト運輸が『The Summit 2021』を受賞

SDI_logo_bk.png

2021年9月30日(木)に開催された、デジタルチャネルを活用した革新的なサポート体験を表彰するイベント「Support DX Summit2021」にて、受賞企業が決定しました。


■考え抜かれたユーザー視点で4,800万人の巨大サービスを運用するヤマト運輸が大賞を受賞

本イベントでは、受賞企業の取り組みがプレゼンテーションによりライブ配信され、その後に審査員6名の審議により大賞である「The Summit2021」を決定いたしました。

ヤマト運輸株式会社は、デジタルチャネルを活用して配送サービスの手軽さと利便性を向上させるとともに、AIではなく、ドライバーと会話していると思われるユーザーもいらっしゃるほど自然で親しみやすいUXを実現していいます。ドライバーとお客様の会話パターンを徹底的に分析するなど、ユーザー目線でのDXが高く評価され、受賞にいたりました。


■最終選考に残ったSupport DX Award 2021受賞企業

一次選考にて選出された30社の中から、最終選考に残った以下のノミネート企業各社には、素晴らしい取り組みを高く評価し、Support DX Award 2021が贈られました(五十音順)。


・Wix.com Ltd.

「スマートルーティング」等の独自技術で課題解決の先を行くサポート体験を提供。


・株式会社SBI証券

チャットボットとWeb接客でエフォートレスサポートを実現。


・株式会社セブン銀行

口座開設が5日から10分に短縮!

eKYCなどのテクノロジーと有人監視の組み合わせでエフォートレス化を実現。


・ソニー損害保険株式会社

CXとEXの両輪でプロフィットセンターへの道を開く。


・福井県

電話DXにより突発的な大雪や災害時の情報インフラを強化。方言や独特の言い回しにも対応。


・株式会社ベネッセコーポレーション

忙しい子育て世代に合わせたデジタルサポートの拡充。導線のシンプル化と同時にデータ統合により真のオムニチャネル化を実現。


・三井ダイレクト損害保険株式会社

VoCの徹底的な収集・分析でノンボイスの利用を誘発し、デジタル利用比率は4倍に。お困りごとの先回り察知によるサービス向上も実現!


・株式会社三越伊勢丹

コロナ禍の逆風の中、百貨店コンシェルジュの接遇をデジタルで再現し、地方顧客のリーチやカルテ化など新たな可能性を開く。


当日の審査員コメント等は、下記プレスリリースをご覧ください。